底辺YouTuberがブログを始めた理由>>

5種類の『クラウドファンディング』の仕組みを分かりやすく解説

ネットビジネス

どうも、ジェリーです。

突然ですが、『クラウドファンディング』って知ってますか?

聞いたことはあるけどよく分からないという人が多いのではないでしょうか。

今回はそんなクラウドファンディングの仕組みについてお話しさせていただきます。

読者ターゲット

お金が大好き

クラウドファンディングに興味がある

というような方を今回の読者ターゲットとして想定しています。

そもそもクラウドファンディングとは?

クラウドファンディングとは…群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語です。また、ソーシャルファンディングと呼ばれることもあり、日本ではクラファンと呼ばれることもあるようです。

クラウドファンディングを簡単に説明すると他人がインターネット経由でお金を提供したり、協力することになります。

クラウドファンディングの仕組み

何か商品や世の中の問題を解決したい。などのアイデアを持っている提案者(プロジェクトオーナー)が、専用のインターネットサイトを使って世の中に呼びかけることで、共感した人から資金を集めるというのがクラウドファンディングの仕組みになります。

クラウドファンディングの種類

クラウドファンディングには5つの種類が存在します。種類は支援方法によって分類されます。

融資型、寄付型、購入型、株式投資型、ファンド型投資。以上の5つがクラウドファンディングの種類になります。

それぞれを分かりやすく説明していきます。

融資型

融資型はファンド型、株式型とまとめて「投資型」と呼ばれます。

投資家がクラウドファンディング業者を通じて資金を貸し付けることで見返りとして投資元利金が分配されるという仕組みになっています。

投資型元利金とは…元本+利子=投資型元利金です。

元本とは…元手、元金のこと。収益を生み出す元となる財産のことを指します。

利子とは…貸した金銭に対して報酬として貸主が借主から一定的の割合で定期的に受け取る金銭のことを指します。また、利息のこと。

寄付型

寄付型は読んで字の如く、寄付を目的としているので支援者に金銭的なリターンはありません。代わりに提供者(プロジェクトオーナー)からお礼の手紙や活動報告が送られることがあるそうです。

購入型

購入型のクライドファンディングは提供者(プロジェクトオーナー)がある商品を作るために資金を調達調達をして、出資者はリターンとして完成したサービスやモノ(金銭以外のもの)などの商品を受け取るといった仕組みになっています。

株式投資型

株式投資型は5つの種類のなかで1番新しい種類で、まだ試験段階ということもあるので国内では浸透していないというのが現状です。

株式投資型のクラウドファンディングは未公開株を購入するといった形で資金調達に貢献できる仕組みになっていて、支援先企業が上場した場合に売却益を得られる可能性もあります。

上場とは…ある株券、商品を、取引所が、売買の対象として定めること。

売却益とは…資産を売却するにあたって帳簿価格よりも売却価格が高い場合は利益が生じます。これを売却益といいます。

帳簿価格とは…会計上で記録された資産や負債の評価額のことをいいます。有価証券の場合、取得原価を帳簿価額としますが、決算時の時価で評価替えされます。 また、固定資産の場合も取得原価を帳簿価額としますが、決算時に減価償却費を計上し差し引かれます。

簡単に言うと帳簿上の価格のことや何かしらの物品や株式などを購入した際の価格のことなります。通常は帳簿価格またはそれを略して薄価とも呼ばれます。

ファンド投資型

ファンド投資型のクラウドファンディングは投資の見返りとして投資家がサービスや商品の分配を受けられる仕組みになっていています。

日本にはファンド型の事業者が少ないので知名度は低いです。

最後に

今回はクラウドファンディングの仕組みについてお話ししました。

どうでしたか?

クラウドファンディングの知識がないという方は、クラウドファンディングの中にもそれぞれ違った要素があり、分類されているということを理解できたら充分だと思います。

最後まで読んでくれてありがとう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました